特徴

グリストラップの清掃は、配管のつまり防止や悪臭を抑える為に欠かせない業務です!またグリストラップの適正な清掃管理として ①頻繁にグリースをバキューム回収 ②定期的に高圧洗浄 ③日々のグリストラップ内清掃 を行う事。これが従来グリストラップ内を理想的な状態に保つ方法と考えられております。しかし、①~③を維持する為には膨大なコストと労力が必要なためはっきり言って大変そんな現状から生まれたグリストラップ清掃の強い味方こそ「マジカルグリース」です。

使用方法

バケツなどの容器に60以上のお湯と本剤を合わせます。(投入量の目安 → 湯 3~5L + 本剤300~500g(1袋)槽のサイズにより調整)
合わせた洗剤をグリストラップ各槽に投入し、10分~30分放置します。
全体的に個体の動植物性油脂が白く液体化します。

用途 グリストラップ用洗剤
内容量 1kg×5本 1kg×10本
主成分 炭酸ナトリウム 過酸化水素化物 補助安定化剤 など
液性 弱アルカリ性(水希釈時)
使用箇所 グリストラップ槽

グリストラップ清掃の強い味方 誕生!! それが…マジカルグリース(グリストラップ洗浄剤)です

グリストラップ内の動植物油脂の液体化の様子

BEFORE
AFTER

使用メリット

  • 固形グリースを産業廃棄物としてほぼ処理する必要がなくなるため、清掃にかかる時間と費用が大幅に削減出来ます。
  • 第1槽目バスケットの取り出しおよび残飯ゴミの処理がしやすくなります。※事前に油ヌメリが除去されているため
  • 固形グリースを『取り除く作業』から『液体化させる作業』に変わることにより作業者の労働負担を軽減することが出来ます。
  • 日常的に排出されるグリース(油汚れ)が蓄積されにくい為悪臭・害虫発生の防止につながります。
  • 本剤を定期的に使用して清掃を行うことでグリストラップ内の固形グリースを常に液体化した状態に保つ事が出来ます。

使用手順・方法 ※3槽タイプ(通常サイズ)の場合

- ❶ -

バケツで60以上のお湯と本剤を合わせます。

-投入量の目安-(一般サイズ(100~200L容量の槽の場合)
・60℃以上の湯 3~5L
・本剤 300~500g
槽のサイズが大きい場合や汚れがひどい場合は、工程を2回繰り返しご使用下さい。

- ❷ -

グリストラップ内に動植物性油脂が固形化し浮いている様子

- ❸ -

各槽に①を投入します。
10分~30分放置します。
使用量はあらかじめ定めた目安量を入れて下さい。

- ❹ -

全体的に動植物性油脂が液体化したのを確認した後、第1槽目の残飯を処理して下さい。
①~③の工程を定期的に行って下さい。

ここがポイント
投入量や使用頻度は、お客様の使用する環境(固形グリースの排出量・グリストラップ内の状態・清掃頻度など)により異なります。お客様のニーズに合わせて投入量や使用頻度はご検討下さい。
※グリストラップが適切な容量で設置されていない場合、本剤を投入しても液体化することが難しいことがございます。
お気軽にお問い合わせください。

日本全国のお客様のご要望にお応えします。

宿泊施設様、温浴施設様、賃貸管理業様、飲食店様、介護施設様など、約2000件の施設で私たちの洗剤が活躍しています。

リピート率は、驚きの90%以上。
使っていただければこの高い品質が分かっていただけると思います。

おすすめの記事